あの本の著者が語る生田早智江像「生田早智江って、どんなひと?」

日々、すばらしいご縁に恵まれ続けている中で、
生田早智江が、日々もっともインスパイアされている方々に、
「生田早智江」を語っていただきました。

中島 崇昴 氏 「私が会社を変えるんですか?」著者

中島 崇昴 氏

ペンネーム:中島崇昴(なかじまたかあき)本名:英幸
NECコーポレートコミュニケーション部 勤務
「最高の居場所コミュニティ」主宰
NPO法人「JICCC」監事(予定)
CPCCプロフェッショナルコーチ
米国CCE認定GCDF-Japan

NECでは人事畑や海外勤務を経て、現在、広報業務の傍ら社内で「3,000人の対話集会」を実行するなど14万人の組織活性化に情熱を注ぐ。社外でもコミュニティ主宰やNPO活動を通じ、広く社内外で組織風土改革やファシリテーター養成を推進する。

著書に、『私が会社を変えるんですか?』(日本能率協会マネジメントセンター)本間正人先生と共著。本書はNEC社内の管理職研修の教科書にもなっている。

出会ったきっかけ/つながり

ナマちゃんとの出会いはコーチングのセミナーでした。当初から、場の空気に、「シーブリーズの爽やかさ」と「ハイビスカスの艶やかさ」を運び込んでしまう存在感が際立っていました。

さらにナマちゃんの「清潔で天国のような家」で受けたソースは威力満点で、私の人生を方向づけました。今や私のコーチングのクライアントさんには、必ず「ナマちゃんソース」を勧めているほどです。

爾来、私が主宰する「最高の居場所コミュニティ」のコアメンバーとして共に歩ませていただいているだけでなく、「ここは勝負!」という時は、必ずナマちゃんの協力を得るようになっています。
ナマちゃんのおかげで、どれだけ「結果を出す」ことができたでしょうか?数えきれません。おそらくこれからも、ナマちゃんなしでは生きていけません(笑)。生まれてきてくれてありがとう。

生田早智江の印象

ナマちゃんの特徴は大きく3つある気がします。
一つ目は、エレガントな雰囲気です。さっぱりした空気感と波のリズムは、一緒に居て、希望と創造性を止めどなく喚起してもらえるようです。
二つ目は、腹が据わっていることです。自分自身の志とつながって行動しているので、行動や感情が環境変化や他人の評価でブレません。
三つ目は、ストイックで中身重視なことです。華やかな外見(笑)とは裏腹に、実に一つひとつの行動は地味で確実で手がかかっています。一つひとつの仕事に魂が込もっています。

それ以外にも素敵な点は枚挙にいとまがありません。まとめてあえて感じ2文字で表現するならば、何と言っても「信頼」ということでしょう。私はナマちゃんのことを永久に信頼するし、これからもずっと共に歩んで欲しい大切な存在です。皆さんにとってもきっとそうなるでしょう。

おしらせ
  • 書籍
    「私が会社を変えるんですか?」(日本能率協会マネジメントセンター)本間正人先生と共著
  • 寄稿
    「成功するコーチング失敗するコーチング」(「企業と人材」産労総合研究所、09年2月号)
    「目線の異なるメンバーの本音を引き出す」(「研究開発リーダー」(株)技術情報協会、09年11月号)
    「メンバーのやる気を引き出す」(「研究開発リーダー」(株)技術情報協会、08年5月号)等多数
  • 活動コミュニティ
    最高の居場所

小巻 亜矢 氏 「女神の法則〜セルフコーチングで愛される自分に必ずなれる〜」著者

小巻 亜矢 氏

米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ
米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー
株式会社Nal代表取締役
NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事
NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会子育てコミュニケーション審議会議長

化粧品事業の立ち上げに携わる中で、様々な女性の悩みを知り、女性を内外からサポートするためにコーチングを学ぶ。

2008年 株式会社Nalを設立
自らの経験を活かした子育て支援や、女性のためのセミナー・ 講演・執筆を中心に活動
2008年 NPO法人ハロードリーム実行委員会設立
“夢”“笑顔”をキーワードに全国で、家庭・学校・地域・企業をつなぐさまざまなイベントやセミナーを実施
2010年 TOKYO FMと共に子宮頸がん予防啓発プロジェクトハロースマイルを立ち上げ活動中

出会ったきっかけ/つながり

「なまちゃん」(と愛をこめて、こう呼ばせて頂きますが)との出会いは、2006年にコーチングの仲間からの紹介でした。優秀で、美人で、と前評判は上々で、美人好きの私はなまちゃんに会うのをとても楽しみにしていました。

なま「なまちゃん」は、なるほどその通り、いや、評判よりずっと素敵で聡明な美人でした。そして知れば知るほど、透明感あふれる感性と切れ味の鋭い思考、それに謙虚な振るまいにすっかり魅了されてしまいました。

それ以来、コーチングの学びや、それぞれの活動において場を共有させて頂いています。チームで活動する時のなまちゃんの役割は、進行やスキーム構築といったプロジェクトの基盤を一任されることが多いのですが、それは、誰よりも責任感が強く、プロジェクトの本質を外さないで関わり続ける存在だからだと思います。

個人的には姉妹のようにお付き合いさせて頂きつつ、実はいつも甘えているのは私のほうなのです。出会いと、つながりに心から感謝しています。

生田早智江の印象

2008年、JWCA(日本女子コーチ協会)を立ち上げる時、どうしてもなまちゃんの力が必要でした。そばにいてほしい人、頼りになる人、プロジェクトの軸をしっかり握っていてくれる人、人懐こくて愛らしい人。なまちゃんは南国の花の匂いもしますが、私にとっては日本女性の芯の強さをいつも感じさせてくれる「椿」の人です。

本人のキャリアの積み重ねを見てもわかるとおり、軸がぶれないから、転職の過程では悩み苦しみながらも、決意に至るタイミングや決め方は美しく潔いですし、常に、自分の気持ちを見事に整理して「今が自分にとってどんな時期で、そこから自分が何を得ようとしているか」が明確です。

学生の支援をしたい、と思い至った経緯もうわべの思いではなくなまちゃんが、一つ一つ身に刻んできた経験と信念からくるものだということが在り方全部から伝わってきます。きっと多くの学生、これから夢をかなえたい人の大きな力になる『いい仕事』をしてくれると確信しています!

おしらせ

後藤 克也 氏 「YES」と会社に宣言したら、欲しかった人生がおとづれた 著者

後藤 克也 氏

株式会社レストラン・エクスプレス 勤務

大学卒業後、大手紳士服販売店に入社。営業及び経営管理部門での業務を経て、2002年、(株)レストランエクスプレスに転職。宅配寿司『銀のさら』の直営店トレーニング担当、数値管理部門での業務の傍ら、同社の新事業として宅配釜飯『釜寅』を開発、普及に務める。その後、加盟店を支援するスーパーバイザー、営業部長となり、加盟店を支援するFCサポート部部長としても従事。

現在は、新たに、街の銘店・人気店の味を自宅やオフィスに届ける新しいデリバリー代行サービス『ファインダイン』を開発し、さらに順次エリア拡大するなど、新規事業ファインダイン責任者として、宅配業界の活性化に取り組んでいる。

著書に、『「YES」と会社に宣言したら、欲しかった人生がおとづれた』(学研パブリッシング )

出会ったきっかけ/つながり

私と生田さん(以後、通常どおり「生田」と呼び捨てにします)の出会いは、元大手紳士服企業の同期でした。一部上場の大手企業とあって、なかなか自分の行きたい道に進むより安定を求めてしまいそうですが、 生田は同期の中でもいち早く自分らしい生き方を見つけて退職します。

私も経済的自由人を目指して、自分の生きたいように生きたかったですが、なかなか踏ん切りがつかないでいました。そんな時、生田のアドバイスや彼女の生き方などを参考に私も転職を決意します。

その後もサラリーマンで成功しながら著者になる夢を持ち活動しておりましたが、サラリーマンとしては、生田のアドバイスを元に転職を決めた先で、2つの新業態を成功させるなど順風満帆で、なんと、 その後の著者になったきっかけも生田に紹介してもらった友人やメンターがきっかけで現実になりました。

もはや私の人生の成功の8割を生田が作っていると言ってもいいすぎではありません。 私はたまたま前職の同期で生田と知り合えましたが、今知り合っていなかったと思うとぞっとします。

みんなもホームページで彼女を知ってしまったら、それは成功するために会わなければいけないというサインに違いないと思います。

生田早智江の印象

誰でも持って生まれている自分の強みや特性を優しく、ワクワクさせながら気づかせてくれます。

最近の出来事ですが、実は、生田主催のソースセミナーにも妻と二人で参加しました。私は企業でも自己実現できて、出版も出来て順調でしたし、妻もプロの漫画家として成功していたときでしたので、正直ソースセミナーを受けなくても大丈夫だろうと思っていました。

しかし、セミナーを受けていくうちに、本当に私がやりたいことが見えてきました。また妻との関係もより深いものになりました。妻も前より漫画がパワーアップしてファンレターも増えていました。今では、ソースで見つけた本当の自分『アイデアを生み出すことに喜びを感じる』を生かしてセミナーも開催しており、またさらにパワーアップしています。

余談ですが、生田の主催するソースセミナーを受けると成果が出せるのはランチが原因ではないかと分析しています(笑)。生田や仲間の参加者と過ごす横浜でのおしゃれなランチが新たなゆとりある人生を形成してくれるセルフイメージを植えつけてくれて、最高に心地よい時間も手に入れることが出来るので、ランチだけでも参加してよかったと感動するはずです。

おしらせ

このページのトップへ

Contents
  • 01セミナー/ワークショップ
  • ソース・ワークショップ
  • 学生向け就活セミナー
  • Coming soon...社会人向けワークショップ
  • 02メッセージ&ストーリー
  • Vol.1 アイデンティティ
  • Vol.2 リレーションシップ
  • Vol.3 キャリアデザイン
  • 03生田早智江って、どんなひと?
  • 04事業概要/代表プロフィール